03-3449-0541






矯正治療はいつから?
子供の発育期・成長期には正しい咬合と顎の発育が不可欠です。右図にありますように、できるだけ早い時期の治療が望ましく、(できるだけ)早い時期に正常な発育軌道にのせることにより、以後の順調な発育・成長を促すことができます。
成長期の歯並びは流動的で、とりあえず様子を見ようと提案される場合がよくありますが、様子を見ていて良くなるケースは極めてまれで、発育とともに状態が悪化したり、2次的な不正が発生することのほうが心配されます。

成長期矯正治療のメリット
成長を利用・コントロールすることが容易であり、成人に比べ、治療に時間がかからない。
比較的弱い矯正力で歯を動かせる。
部分的装置、取り外しが簡単な装置での治療が可能。
部分治療の場合、費用が安い。
本格的治療が必要となった場合にも、治療が容易であったり、歯を抜かない等、治療法が広がる。
歯列成長過程の様子

不正咬合の症例
乳歯の反対咬合
早期に正常なかみ合わせにすることで、三次元的骨格の不調和を解決できます。成長にともない不調和が著しくなる前に予防することによって、永久歯列になって再度本格的矯正治療が必要となった場合も治療方法の選択肢が広がり、簡単にすみます。
(治療前) (治療後)

交叉咬合
治療開始が遅すぎると、歯並びがきれいになっても歯や歯を支える組織にダメージを与えてしまい、元に戻らない場合があります。早期治療により、歯や歯肉のダメージが少なく簡単に改善されます。
(治療前) (治療後) (非治療)
※不正咬合をほうっておくと15歳ではさらに悪化してしまいます。

よこずれ咬合
早期治療により左右のかみ合わせが対称化され、調和のとれたかみ合わせになります。治療をしないでそのまま成長がすすんでゆくと、奥歯の水平的ずれが顎を左右非対称にしてしまい、顎や顎関節の発育に影響を及ぼす場合があります。
早期治療により左右対称化されています。
(治療前) (治療後)
未治療のまま成長すると奥歯の水平的ずれが顎を左右非対称に成長させます。

くせ(指しゃぶりによる開咬)
程度の強いくせは素のままにしておくと歯並びだけではなく骨格の不正に移行してゆきます。この治療には右下図の様な装置を使用します。
(治療前) (治療後) 使用装置
Copyright © 2004 Kosaka Ortho Office All Rights Reserved.